昭和歌謡 【懐メロ】70~80年代の化粧品CMソングアルバム

80年代音楽
amazonより「コスメティック・ルネッサンス~ノエビアCM HITS!~」

こんにちはHANAです。

今回は70年代~80年代に化粧品コマーシャルソングとして流れていた曲の特集です。

今でこそ、女性は10代の高校生からお化粧している方もいますが、私が学生時代は大学生や社会人になってから初めてお化粧をする人が殆どでした。

私は地方で高校生時代を過ごしましたが、女子高だったせいか、3月になると美容部員の方が化粧品についての講習会などに出向いてきてくれていました。

今考えると、信じられない光景です、そしてCMでは季節に合った曲が流れて各メーカーさんが購買力を競っておりました。

化粧品のCMソングからヒットした曲も多数あります、ご一緒に振り返ってみませんか?きっと、「あ~懐かしい!」となりますよ!

昭和歌謡 70~80年代の化粧品CM 「カラーズ~ベスト・オブ・コスメティック CM ソングス~」

70年代~80年代の化粧品CMソングを厳選した2枚組コンピレーションCDです。

amazonより「カラーズ~ベスト・オブ・コスメティック CM ソングス~」

こちらは、化粧品メーカーや季節にとらわれず印象に残った楽曲のアルバムです。

私が高校を卒業して化粧をするようになった頃は、尾崎亜美さんの「マイ・ピュア・レディ」が流行っていました。

春らしい曲でしょ!恋の予感がしてワクワクする歌ですよね。

モデルは小林麻美さん、この時は髪もショートだったんですね、都会的でファッショナブルな女優さんとして活躍しましたが、今では田辺エージェンシー代表取締役社長夫人として芸能界を引退して家庭に入っております。

「カラーズ~ベスト・オブ・コスメティック CM ソングス~」のTrack Listings

「カラーズ~ベスト・オブ・コスメティック CM ソングス~を、年代とキャンペーンの季節ごとに分けてみました

※(資)…資生堂・ (カ)…カネボウ化粧品・ (ポ)…ポーラ化粧品

77 マイ・ ピュア・ レディ
/尾崎亜美(資)
     
78   Mr.サマータイム
/サーカス(カ)
君のひとみは10000ボルト
/堀内孝雄(資)
夢一夜/南こうせつ(カ)
79 私のハートはストップモーション/桑江知子(ポ) サマーチャンピオン
/浅野ゆう子(カ)
セクシャルバイオレットNo.1/桑名正博(カ)  
微笑の法則~スマイル・オン・ミー~/柳ジョージ&レイニーウッド(資)
80 Hey Lady 優しくなれるかい/庄野真代(ポ) ビューティフル・エネルギー/甲斐バンド(カ) How many いい顔
/郷ひろみ(カ)
 
唇よ、熱く君を語れ
/渡辺真知子(カ)
クィーンはまぶしい/松野こうき(ポ)
81 春咲小紅/矢野顕子(カ)   キッスは目にして!
/ザ・ヴィーナス(カ)
A面で恋をして/ナイアガラトライアングル(資)
ニートな午後3時/松原みき(資)
コットン気分/杏里 花王コロン「リマーラ」
82 い・け・な・い ルージュマジック
忌野清志郎&+坂本龍一(資)
  すみれSeptember Love
/一風堂(カ)
 
83 う、ふ、ふ、ふ、/EPO(資) め組のひと
/ラッツ&スター(資)
   
84 Rock’n Rouge
松田聖子(カ)
その気××(mistake)
/大沢誉志幸(資)
   
85 シンデレラは眠れない/THE ALFEE(カ) にくまれそうなNEWフェイス/吉川晃司(カ) LOVE、かくし色
/森山達也(カ)
PRINCESS TIFFA/白井貴子 & CRAZY BOYS(カ)
86   ちょっとやそっとじゃCan’t Get Love
/中村あゆみ(カ)
   
・ノーブルレッドの瞬間(とき) / 国生さゆり(カ)
87        
88 吐息でネット
南野陽子(カ)
GO AWAY BOY
プリンセス プリンセス(資)
彼女とTIP ON DUO
/今井美樹(資)
 
MUGO・ん・・・色っぽい / 工藤静香(カ)

みなさん、いかがですか?曲名見ただけでも、青春時代が蘇ってきませんか?

資生堂 「音椿~the greatest hits of SHISEIDO~紅盤」

「花椿」でお馴染みの資生堂のCMで流れていた歴代の名曲を収録したコンピレーション・アルバムです。

amazonより「音椿~the greatest hits of SHISEIDO~紅盤」

「春の予感 - I’ve been mellow 」は前年の春のマイ・ ピュア・ レディ」に引き続き尾崎亜美さんの作詞作曲の楽曲を引退間近の南沙織さんが女性の想いを優しく歌っています。

それに対して男性の想いをクールに歌ったのが矢沢永吉さん「時間よ止まれ」です、この曲は2014年にまた、資生堂のCMソングとして使われています。

「燃えろいい女」ツイストの世良公則さんに女性たちはメロメロになっておりました、今は俳優として活躍なされておりますが、当時は、ロックミュージシャンでした。

「め組のひと」 はグループ名を「シャネルズ」から「ラッツ&スター」へと改名した後に初めて発表した楽曲で、ノリノリに歌える曲で、振り付けも難しくなくてみんな真似しておりました。

まだまだ、いっぱい紹介したいのですが、とりあえず、私のお気に入り4曲を紹介してみました。

「音椿~the greatest hits of SHISEIDO~紅盤」のTrack Listings

1 揺れるまなざし / 小椋桂
2 春の予感 - I’ve been mellow / 南沙織
3 時間よ止まれ / 矢沢永吉
4 夢一夜 / 南こうせつ
5 燃えろいい女 / ツイスト
6 風は秋色 / 松田聖子
7 メイク23秒 / 桃井かおり
8 A面で恋をして / ナイアガラ トライアングル
9 め組のひと / ラッツ&スター
10 くちびるヌード / 高見知佳
11 GO AWAY BOY / プリンセス・プリンセス
12 彼女とTIP ON DUO / 今井美樹
13 go for it! / Dreams Come True
14 咲き誇れ愛しさよ / Wink
15 これが私の生きる道 / Puffy
16 やさしい気持ち / Chara
17 NEO UNIVERSE / L’Arc – en – Ciel

 

カネボウ 「Belle~カネボウ・ヒット・ソングス」

カネボウ化粧品の「Oh!クッキーフェイス」 夏目雅子

1977年のヒットCM、こんがりと日焼けした小麦色の肌の夏目雅子さんが表紙のアルバム

amazonより「Belle~カネボウ・ヒット・ソングス」

懐かしいCMです、当時19歳だった夏目雅子さん、このときのCMディレクターが、後の夫となる伊集院静さんだったというからそうです。

このCMが話題になり、芸名を夏目雅子へと改名したそうです、「夏目」の芸名は、クッキーフェイスのCMが夏をイメージするものだったからだそうです、、夏目雅子さんには運命のCMでしたね。

「Belle~カネボウ・ヒット・ソングス」のTrack Listings

01 Oh!クッキーフェイス
02 Mr.サマータイム
03 君は薔薇より美しい
04 唇よ、熱く君を語れ
05 How many いい顔
06 Rock’n Rouge
07 君に、胸キュン。 -浮気なヴァカンス-
08 春咲小紅
09 君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。
10 吐息でネット
11 すみれ September Love
12 赤道小町 ドキッ
13 にくまれそうなNEWフェイス
14 キッスは目にして!
15 ワインカラーのときめき
16 星化粧ハレー
17 夢・恋・人。
18 きみはどこまで美しくなるのか。
19 プリンセス TIFFA
20 C-Girl
21 Bonjourお目、目さん。
22 Oh!クッキーフェイス

1979年春のカネボウ化粧品CMソングに「君は薔薇より美しい」布施明さんが歌っていました

歌謡力の抜群さは当時からですね、歌唱力より驚いたのが恋の話。

『ロミオとジュリエット』でジュリエットを演じ世界的なヒロインとなったハリウッド女優・オリビア・ハッセーさんが、このCMがきっかけで布施明さんに夢中になり国際結婚となったことが一番の驚きでした。

ノエビア 「コスメティック・ルネッサンス~ノエビアCM HITS!~」

ノエビアは’82.1~’87.5の間は、シーナ・イーストン、デビッド・ボウイ、フレディ・マーキュリーなどの海外の有名アーティストによる「働く女性は美しい」シリーズのCMソングでした。

ノエビア「コスメティックルネッサンス」シリーズと鶴田一郎の美人画

ノエビアの企業理念のもと「社会のあらゆる場面で活躍する女性を応援します」という斬新且つ印象的なCM展開を行っていて、女性美を象徴的に表わした鶴田一郎氏のイラストレーションが大きな反響を呼んだ「コスメティックルネッサンス」シリーズ(’87.5~’97.11)

ノエビアHP CM情報より

24のCMタイトルあります、詳細はノエビアさんのHPに記載されておりますのでご確認ください。

その中で一部ですが80年代のCMを紹介すると

期間 CMタイトル 曲名 アーティスト
(原曲の歌手)
‘88.5~’88.8 コスメティック ルネッサンス ’88
< 夏 >
夢先案内人 柳ジョージ
(山口百恵)
‘88.8~’88.11 コスメティック ルネッサンス ’88
< 秋 >
よろしく哀愁 鈴木聖美
(郷ひろみ)
88.11~’89.2 コスメティック ルネッサンス ’88
< 冬 >
グッド・ナイト・ベイビー 上田正樹
(キングトーンズ)
‘89.2~’89.5 コスメティック ルネッサンス ’88
< 春 >
女はそれを我慢できない 沢田研二
(アン・ルイス)
‘89.5~’89.11 コスメティック ルネッサンス ’89
< 夏・秋 >
イミテーションゴールド もんたよしのり
(山口百恵)
89.11~’90.5 コスメティック ルネッサンス ’89
< 冬・春 >
スローなブギにしてくれ 森進一
(南佳孝)

個人的な意見ですが、この美人画のCMには、柳ジョージさん、もんたよしのりさん、デーモン小暮さんのような声の方の歌がマッチするのではないかな…て感じました。

「コスメティック・ルネッサンス~ノエビアCM HITS!~」のTrack Listings

amazonより「コスメティック・ルネッサンス~ノエビアCM HITS!~」

01. 別れの朝 / 世良公則
02. 恋のハレルヤ / 荻野目洋子
03. 愛が止まらない(TURN IT INTO LOVE) / 西城秀樹
04. 銃爪 / 坂本冬美
05. 絶対絶命 / 宇崎竜童
06. カサブランカ・ダンディ / 田村直美
07. ダンシング・オールナイト / マリーン
08. ミ・アモーレ / 狩人
09. スローモーション / 鈴木トオル
10. Heart Of Glass / 桃姫BAND
11. Lovin’ You / アン・ルイス

まとめ

昭和歌謡にはCMソングからヒットした楽曲は多いですが、こうやってアルバムまで各化粧品メーカーがリリースするのは、はやり、当時、世間で流行していたからでしょう。

1978年の夏キャンペーンの頃から、「化粧品CMソングは出せば当たる」時代に突入してきました。

私が丁度、20歳の頃です!化粧品のCMソングは青春そのものな世代なんです。

こういったアルバムを聴いて青春時代を振り返ったりするのも楽しい時間です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました